Circular Yokohama

Accelerating the Circular Economy in Yokohama

NEWS

新規プロジェクト「横浜ブルーカーボン」を掲載しました

  • Posted by Circular Yokohama Editorial Team
  • On 2020年8月26日
カーボンオフセットは事業活動や日常生活で生じるCO2を森林による吸収分で相殺するものですが、横浜市では海でもカーボンオフセットに取り組んでいます。横浜市が世界でも唯一本格的に取り組む「横浜ブルーカーボン」は、CO2をオフ […]
Read More
 2

STORY

海を守り、地域を潤す。横浜市のサステナブルな循環型事業「横浜ブルーカーボン」

  • Posted by Maki Kimura
  • On 2020年8月21日
港を中心に発展し、かつては漁業もさかんだった神奈川県、横浜。SDGs未来都市としてさまざまな気候変動対策に取り組んでいる横浜市では、海に生息する海草・海藻類によって吸収・固定される炭素「ブルーカーボン」と、海洋でのエネル […]
Read More
 1

What is Circular Yokohama?

Circular Yokohama(サーキュラーヨコハマ)は、横浜市内のサーキュラーエコノミー(循環型経済)を加速させるためのプラットフォームです。従来からあるリニア(直線)型の経済モデルの中で見過ごされてきたモノやサービス、個人のスキルなどの資源に光をあてて価値を見出すことで、地域内における資源の循環をつくりだし、横浜が抱える様々な地域課題の解決、新たな雇用の創出、誰もがいきいきと暮らせる地域づくりを目指します。

PROJECTS

SDGsストロー・ヨコハマ

横浜市の水源となる山梨県道志村の間伐材を原料とする「木製ストロー」を普及推進プロジェクト。ストロー製作には障がい者の方々が携わり、環境負荷削減だけではなくインクルーシブな地産地消型の事業モデルを実現している。

SDGs横浜金澤リビングラボ

廃棄予定のアマモを肥料として活用し、地元農園で唐辛子などの野菜を栽培、地域発の名産品を開発。キャリア教育の一環として小学校とも連携。海を綺麗にし、子供を育て、経済を活性化させる循環型農業プロジェクト。

reBirth

海洋に廃棄されたプラスチックごみを美しい工芸品に生まれ変わらせる「reBirth」。異なる素材や色のプラスチックを混ぜて成形する特殊な製造工法が特徴。株式会社テクノラボの社内プロジェクト「Plas+tec」から誕生。

YOKOHAMA CIRCULAR MAP

横浜市内のサーキュラーエコノミー関連プロジェクトの展開スポットをまとめています。