かながわアップサイクルコンソーシアム

かながわアップサイクルコンソーシアム

かながわアップサイクルコンソーシアムは、石灰石を主成分とし、紙・プラスチックの代替となる新素材「LIMEX」の開発・製造・販売元である株式会社TBMと、神奈川県との連携により発足したコンソーシアムで、LIMEXを活用したアップサイクルを通じてサーキュラーエコノミーを推進し、循環型のまちづくりを実現することを目的としています。

かながわアップサイクルコンソーシアムには神奈川県内の自治体、企業、団体、大学など、2020年1月時点で50の多様なパートナーが参画しており、LIMEXを活用した様々なアップサイクルの実証事業を展開しています。また、LIMEX製品の回収モデルを含めたアップサイクルのスキーム構築にも取り込んでおり、同年3月時点で県内24箇所に、LIMEX製品を回収する「LIMEX製品回収ボックス」が設置されています。

ここがサーキュラー!

1. 多様なステークホルダーが集まる官民協働型コンソーシアム

かながわアップサイクルコンソーシアムには大手印刷会社や大手メーカーなどの企業、地域の事業者・非営利団体、地方自治体、大学など多種多様なステークホルダーが参画しており、サーキュラーエコノミーの実現に向けた協働プラットフォームとしても機能しています。

2. プラスチックの代替素材となる石灰石由来の「LIMEX」

TBM社の開発した新素材LIMEXは石灰石を主原料としており、製造過程で水や木材パルプなどを使用しないほか、プラスチックと比較してリサイクル性能も高いため、しっかりと製品回収し、リサイクル・アップサイクルにつなげていくことで環境負荷を削減しながら循環型のものづくりを進めることができます。

3. 製品回収までを含めたスキーム構築

かながわアップサイクルコンソーシアムでは、神奈川県や日本郵便株式会社と連携し、LIMEX製品を回収する「LIMEX製品回収ボックス」の設置を進めており、2020年1月時点で、県内の郵便局や図書館、小学校など23箇所で製品回収が可能となっています。製品ユーザーとの協働により循環型スキームの構築に取り組んでいます。

プロジェクト概要

運営主体 株式会社TBM
カテゴリ アップサイクル、再生型サプライ
開始日 2019年5月
営業時間
住所 横浜市中区尾上町3-35横浜第一有楽ビル3F G Innovation Hub YOKOHAMA内
URL https://upcycle-consortium.com/
連絡先 HPの問い合わせフォームより

他のプロジェクト一覧を見る

海月研究所

海月(くらげ)研究所は、未利用のクラゲをバイオマス原料として医療分野や化粧品などに有効活用することで、生物多様性と海洋環境保全、ライフサイエンスへの貢献を目指しているバイオソーシャルベンチャー。

横横プロジェクト

横浜市の脱炭素化イニシアチブ「Zero Carbon Yokohama」の一環として、青森県横浜町の再エネ電力を横浜市内の事業者に供給する地域間連携プロジェクト。みんな電力のブロックチェーン技術を活用して電力の産地証明を実現。

WEショップ

WE21ジャパンが運営する、寄付とボランティア参加をベースとしたチャリティショップ。寄付された衣類や食器類などを有料で販売し、収益は途上国などに支援する。市民のコミュニティスペースとしても機能している。

Circular Economy Plus Tシャツ

横浜市内の廃棄ペットボトルからサーキュラーTシャツの制作を目指すプロジェクト。ごみ拾いはgreenbird、Tシャツ素材は日本環境設計、デザインは横浜出身のデザイナー、印刷はゼロカーボンにより大川印刷が担当。

reBirth

海洋に廃棄されたプラスチックごみを美しい工芸品に生まれ変わらせる「reBirth」。異なる素材や色のプラスチックを混ぜて成形する特殊な製造工法が特徴。株式会社テクノラボの「Plas+tech project」から誕生。

ファブラボ関内

横浜・関内にある市民のための実験工房「ファブラボ関内」。3Dプリンターやレーザーカッターなどデジタル工作機器を常備しており、ワークショップなども随時開催。ものづくり体験により生産と消費を近づける拠点として機能。

似て非WORKS

アーティストの稲吉稔氏・渡辺梓氏によるアップサイクル・アート。日常の中で見過ごされがちな消費されない「価値」や「資源」を探し出し、「そこにしかない、そこだからこそ生まれる『気付き』」を軸に活動を展開している。

Yワイひろば

磯子区にある空き家を活用したコミュニティスペース兼シェアオフィス。1Fは地域住民向けコミュニティスペースに、2Fは地元企業のシェアオフィスに。オフグリッドの太陽光発電により災害時の避難拠点としても機能している。

SDGS横浜金澤リビングラボ

廃棄予定のアマモを肥料として活用し、地元農園で唐辛子などの野菜を栽培、地域発の名産品を開発。環境教育の一環として小学校とも連携。海を綺麗にし、子供を育て、経済を活性化させる循環型農業プロジェクト。

SDGSストロー・ヨコハマ

横浜市の水源となる山梨県道志村の間伐材を原料とする「木製ストロー」を普及推進プロジェクト。ストロー製作には障がい者の方々が携わり、環境負荷削減だけではなくインクルーシブな地産地消型の事業モデルを実現している。