横浜国立大学・川村研究室

横浜国立大学、コーヒー粕からセルロースナノファイバーを抽出

横浜国立大学大学院の川村出准教授、金井典子さんらの研究グループは2020年3月、コーヒー粕から環境に優しい素材「セルロースナノファイバー」を抽出することに成功しました。*

植物の細胞壁に含まれるセルロースから作られるセルロースナノファイバーは環境に優しいだけではなく、鉄より5倍軽く、5倍の強度を持っています。また、断熱性にも優れており、自動車部品や建材、フィルターなど様々な用途に活用できる夢の素材と言われています。

研究グループは、TEMPO酸化法という環境負荷の少ない方法を用いてセルロースナノファイバーを作り出すことに成功しました。コーヒー粕から抽出できるセルロースナノファイバーはコーヒー粕の乾燥重量のわずか10%程度を占めるセルロースによりますが、日本国内では毎年45万トンものコーヒー粕が出ており、回収の仕組みを確立することができれば、原料の安定的な調達も可能となります。

これまで大半が廃棄されていたコーヒー粕から環境配慮型の素材を取り出すという優れた循環型の技術だと言えます。

* N. Kanai, T. Honda, N. Yoshihara, T. Oyama, A. Naito, K. Ueda, I. Kawamura, “Cellulose nanofibers isolated from spent coffee grounds and their composite films with poly(vinyl alcohol): a new non-wood source” (2020) Cellulose 27, 5017-5028.
DOI: https://doi.org/10.1007/s10570-020-03113-w

ここがサーキュラー!

1.廃棄されるコーヒー粕のアップサイクル

廃棄されるコーヒー粕を資源として活用し、より高付加価値で多用途に展開可能なセルロースナノファイバーを抽出するという優れたアップサイクルの事例だと言えます。

2.セルロースナノファイバー生成のコスト削減に

セルロースナノファイバーは、環境に優しく機能性も優れた素晴らしい素材ですが、現在は木材からの抽出が主であるためコストが高いのが難点です。しかし、廃棄物であるコーヒー粕がその原料の一部を担うようになれば、全体のコストが下がり、より環境に優しいセルロースナノファイバーの普及が進むと考えられます。

3.原料としての安定調達も可能

コーヒー文化を持つ日本では毎年45万トンものコーヒー粕が出ています。これらの粕を回収する仕組みさえ整備できれば、原料の安定調達が可能となり、より実用性が高まる可能性を秘めています。

プロジェクト概要

運営主体 横浜国立大学・川村研究室
カテゴリ アップサイクル
開始日 2020年4月(プレリリース公開日)
住所 所在地:〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79−1(横浜国立大学)
URL http://www.ikawamura.ynu.ac.jp
連絡先 メールアドレス:izuruk@ynu.ac.jp / 電話:045-339-4224

他のプロジェクト一覧を見る

横浜ブルーカーボン

「横浜ブルーカーボン」は横浜市が世界でも唯一本格的に取り組む、CO2をオフセットしながら環境と経済の循環を目指すユニークなプロジェクトです。

環境絵日記

子どもたちが環境問題や環境保全について考え絵と文章を組み合わせて自由に表現する、小学生を対象とした夏休みのプロジェクト。環境教育に働きかけることで新たな循環型事業を生み出している。

フードバンク横浜

規格外食品や食品ロスを引き取り、福祉施設や生活困窮者等へ無料で提供している団体。食のフードバンクであると同時に心のフードバンクでもありたいという理念のもと、横浜の地域密着型支援団体として活動している。

横浜リユースびんプロジェクト

びんの地域循環と地産地消をテーマにした、地域密着型環境保全プロジェクト。横浜オリジナルのジュースとリユースびんをプロデュースし、環境問と地域活性化の両方にアプローチしている。

海月研究所

海月(くらげ)研究所は、未利用のクラゲをバイオマス原料として医療分野や化粧品などに有効活用することで、生物多様性と海洋環境保全、ライフサイエンスへの貢献を目指しているバイオソーシャルベンチャー。

横横プロジェクト

横浜市の脱炭素化イニシアチブ「Zero Carbon Yokohama」の一環として、青森県横浜町の再エネ電力を横浜市内の事業者に供給する地域間連携プロジェクト。みんな電力のブロックチェーン技術を活用して電力の産地証明を実現。

WEショップ

WE21ジャパンが運営する、寄付とボランティア参加をベースとしたチャリティショップ。寄付された衣類や食器類などを有料で販売し、収益は途上国などに支援する。市民のコミュニティスペースとしても機能している。

かながわアップサイクルコンソーシアム

石灰石を主成分とする新素材「LIMEX」の開発元、株式会社TBMと神奈川県との連携により発足した官民協働型の「かながわアップサイクルコンソーシアム」。アップサイクルを通じてサーキュラーエコノミーを推進している。

Circular Economy Plus Tシャツ

横浜市内の廃棄ペットボトルからサーキュラーTシャツの制作を目指すプロジェクト。ごみ拾いはgreenbird、Tシャツ素材は日本環境設計、デザインは横浜出身のデザイナー、印刷はゼロカーボンにより大川印刷が担当。

reBirth

海洋に廃棄されたプラスチックごみを美しい工芸品に生まれ変わらせる「reBirth」。異なる素材や色のプラスチックを混ぜて成形する特殊な製造工法が特徴。株式会社テクノラボの「Plas+tech project」から誕生。

ファブラボ関内

横浜・関内にある市民のための実験工房「ファブラボ関内」。3Dプリンターやレーザーカッターなどデジタル工作機器を常備しており、ワークショップなども随時開催。ものづくり体験により生産と消費を近づける拠点として機能。

似て非WORKS

アーティストの稲吉稔氏・渡辺梓氏によるアップサイクル・アート。日常の中で見過ごされがちな消費されない「価値」や「資源」を探し出し、「そこにしかない、そこだからこそ生まれる『気付き』」を軸に活動を展開している。

Yワイひろば

磯子区にある空き家を活用したコミュニティスペース兼シェアオフィス。1Fは地域住民向けコミュニティスペースに、2Fは地元企業のシェアオフィスに。オフグリッドの太陽光発電により災害時の避難拠点としても機能している。

SDGS横浜金澤リビングラボ

廃棄予定のアマモを肥料として活用し、地元農園で唐辛子などの野菜を栽培、地域発の名産品を開発。環境教育の一環として小学校とも連携。海を綺麗にし、子供を育て、経済を活性化させる循環型農業プロジェクト。

SDGSストロー・ヨコハマ

横浜市の水源となる山梨県道志村の間伐材を原料とする「木製ストロー」を普及推進プロジェクト。ストロー製作には障がい者の方々が携わり、環境負荷削減だけではなくインクルーシブな地産地消型の事業モデルを実現している。