buøy

buøy

「buøy」は、海洋ゴミとして廃棄されたプラスチックを、美しい伝統工芸品に生まれ変わらせるというプロジェクトです。横浜市神奈川区に本拠を置くプロダクトデザイン会社、株式会社テクノラボの中ではじまった「Plas+tech project」という社内プロジェクトから生まれました。

buøyの背景にあるのは、海洋プラスチック汚染が社会問題となるなか、問題の本質はプラスチックという「素材そのもの」ではなく、それを安易に使用し、廃棄するという「人間の習慣」にあるという考え方です。大量生産されたプラスチックが捨てられてしまうのは、安価で捨てても替えが利いてしまう「商品」だから。それであれば、美しく、世界でたった一つだけのオリジナルな「工芸品」であれば、捨てることなく大切に使ってもらえるのではないか。その発想から生まれたのが、海洋に廃棄されたプラスチックごみから作った工芸品のお皿です。

buøyの美しいデザインは、「熱で溶け、冷やせば固まる」というプラスチックの特性を活かし、熱をかけると同時に一定の圧力でプレスをするという特殊な製法によって実現されました。これにより、異なる種類や色のプラスチック素材を混ぜたまま美しい成形板をつくることが可能となり、この製法は現在特許出願中となっています。

なお、buøyの素材となる海洋プラスチックごみはテクノラボの社員らが神奈川県の逗子海岸で収集したもので、プロジェクト資金はクラウドファンディングで調達されました。

ここがサーキュラー!

1. 海洋に廃棄されたプラスチックごみを素材として利用

buøyの工芸品は、海洋に廃棄されたプラスチックごみを素材としてつくられています。buøyの活動は、海洋プラスチックごみの削減に直接的に貢献しています。また、海岸沿いのクリーンアップ活動を通じ、人々にゴミ問題を考えるきっかけを提供しています。

2. 「商品」ではなく「工芸品」をつくることで、問題の本質を伝える

安価で代替可能な大量生産型の「商品」ではなく、一つ一つのオリジナルな「工芸品」を作るというコンセプトにより、海洋プラスチックごみ問題の本質は、プラスチックという素材そのものではなく、その使い方にあるという問題の本質を訴えかけています。

3. プラスチックの特性を活かした美しい工芸品づくり

buøyは、海洋プラスチックごみ問題においては負の側面として認識されている「腐らない」「容易に再生可能」という素材特性を逆に利用することで、廃棄されたごみを新たに高い価値をもつ工芸品へと生まれ変わらせています。人々にその価値を直感的に理解してもらえるように、完成品の美しさにもこだわっている点もポイントです。

プロジェクト概要

運営主体 株式会社テクノラボ
カテゴリ アップサイクル
開始日 2019年11月
営業時間 平日:9時~18時、土日祝:休み
住所 神奈川県横浜市神奈川区青木町6-19横濱マークレジデンス1-B
URL http://www.techno-labo.com/rebirth/
連絡先 電話番号:045-444-0220 / メール:rebirth@techno-labo.com

他のプロジェクト一覧を見る

ウェブいいかも市

サステナブル志向の地域店の美味しくて素敵な品々が月に1度楽しめる、地域の共同購入「ウェブいいかも市」。テイクアウトでは味わえないつながりを感じられる新しい地域店への応援のカタチ。

ZERO PC

エシカルパソコン「ZERO PC」は、ピープルポートによる中古パソコンのアップサイクルプロジェクト。環境負荷ゼロを目指しながら、難民雇用や子ども支援にも力を入れて取り組んでいる。

横浜ブルーカーボン

横浜市が展開する世界唯一の「ブルーカーボン」によるカーボン・オフセット認証事業。横浜市沿岸部の海藻などが固定した炭素をブルーカーボンとしてクレジット化して企業に販売、海洋保全や地元漁業の再生に活用。

横浜国立大学・川村研究室

横浜国立大学院の研究グループが取り組む、コーヒー粕からセルロースナノファイバーを抽出するプロジェクト。循環型社会の実現に向けて、食品廃棄物を活用した環境配慮型素材の開発を模索している。

環境絵日記

環境絵日記は、子どもたちが環境問題や環境保全について考え絵と文章を組み合わせて自由に表現する、夏休みの応募型プロジェクト。環境教育に働きかけることで新たな循環型事業を生み出している。

フードバンク横浜

規格外食品や食品ロスを引き取り、福祉施設や生活困窮者等へ無料で提供している団体。食のフードバンクであると同時に心のフードバンクでもありたいという理念のもと、横浜の地域密着型支援団体として活動している。

横浜リユースびんプロジェクト

びんの地域循環と地産地消をテーマにした、横浜の地域密着型環境保全プロジェクト。プロジェクトオリジナルのリユースびんと飲料をプロデュースし、環境問題にも地域活性化にもアプローチしている。

海月研究所

海月(くらげ)研究所は、未利用のクラゲをバイオマス原料として医療分野や化粧品などに有効活用することで、生物多様性と海洋環境保全、ライフサイエンスへの貢献を目指しているバイオソーシャルベンチャー。

横横プロジェクト

横浜市の脱炭素イニシアチブ「Zero Carbon Yokohama」の一環として、青森県横浜町の再エネを横浜市内の企業に供給する地域連携プロジェクト。みんな電力のブロックチェーン技術を活用して電力の産地証明を実現。

WEショップ

WE21ジャパンが運営する、寄付とボランティア参加をベースとしたチャリティショップ。寄付された衣類や食器類などを有料で販売し、収益は途上国などに支援する。市民のコミュニティスペースとしても機能。

かながわアップサイクルコンソーシアム

石灰石を主成分とする新素材「LIMEX」の開発元、株式会社TBMと神奈川県との連携により発足した官民協働型の「かながわアップサイクルコンソーシアム」。アップサイクルを通じてサーキュラーエコノミーを推進。

Circular Economy Plus Tシャツ

横浜市内の廃棄ペットボトルからサーキュラーTシャツの制作を目指すプロジェクト。ごみ拾いはgreenbird、Tシャツ素材は日本環境設計、デザインは横浜出身のデザイナー、印刷はゼロカーボンにより大川印刷が担当。

ファブラボ関内

横浜・関内にある市民のための実験工房「ファブラボ関内」。3Dプリンターやレーザーカッターなどデジタル工作機器を常備し、ワークショップなども随時開催。ものづくりを民主化するコミュニティ拠点として機能。

似て非WORKS

アーティストの稲吉稔氏・渡辺梓氏によるアップサイクル・アート。日常の中で見過ごされがちな消費されない「価値」や「資源」を探し出し、「そこにしかない、そこだからこそ生まれる『気付き』」を軸に活動を展開。

Yワイひろば

磯子区にある空き家を活用したコミュニティスペース兼シェアオフィス。1Fは地域住民向けコミュニティスペースに、2Fは地元企業のシェアオフィスに。オフグリッドの太陽光発電により災害時の避難拠点としても機能。

SDGS横浜金澤リビングラボ

廃棄予定のアマモを肥料として活用し、地元農園で唐辛子などの野菜を栽培、地域発の名産品を開発。環境教育の一環として小学校とも連携。海を綺麗にし、子供を育て、経済を活性化させる循環型農業プロジェクト。

SDGSストロー・ヨコハマ

横浜市の水源となる山梨県道志村の間伐材を原料とする「木製ストロー」の普及プロジェクト。ストロー製作には障がい者の方々が携わり、環境負荷削減だけではなく包摂的な事業モデルを実現している。