めぐる布市

めぐる布市

NPO法人森ノオトがプロデュースするアップサイクル衣料品・雑貨ブランド「AppliQué (アプリケ)」。2017年のスタート以来、家庭で使われなくなった布から可愛らしい子ども服や色鮮やかなマイバッグなどを手作りで製作、オンラインを中心に販売しています。新型コロナウイルス流行の影響もあり、工房でスタッフが集まっての製品開発・制作が難しくなる一方で、各地から集まってくる寄付布は増え続けます。

こうした中、素材を製品化して循環させるスタイルから、集まった素材を欲しい人たちに再び売る形で循環させようと、寄付布や手芸用品を再販するアウトレットマーケット「めぐる布市」を、森ノオト事務所敷地内のアトリエ「森ノハナレ」で2020年6月から定期開催しています。

寄付布の販売価格は、種類や質に応じて100、300、500、700円。素材が欲しい人がどのぐらいいるのか分からない中手探りで始めたそうですが、「目当てのモノはなかった時でも、思わぬものが手に入る」と好評なのだとか。

「捨てるとつくるを楽しくつなぐ」をテーマに生まれ変わったAppliQuéが届ける「めぐる布市」は毎回人数限定、事前予約制で開催しています。開催日の確認や商品の購入に関する情報は、Appliqué ホームページからどうぞ。

ここがサーキュラー!

1.リサイクルが進みにくい布を再び活かせる

世界的に見ても衣料のリサイクル率は約12%と低く、日本でも布製品のリサイクルはあまり進んでいません。そこに着目し、家庭などで眠る布を再利用してアップサイクルしたり、布を素材としてそのまま再販したりするのは、これまでありそうでなかった新しい試みです。

2.布好き、手芸好きでつながるローカルのご縁

各地から送られてきた寄付布や手芸用品の山から仕分けをし、端切れ1枚1枚を切りそろえたり、シミがないかをチェックしたりするのはすべて手作業。大変そうに見えますが、AppliQuéに集まる布好き・手芸好きなスタッフの皆さんにとっては、苦にならないみたいです。

3.「AppliQuéなら大切にしてくれる」で広がる思いの循環

寄付布の送料は送り手負担にもかかわらず、引き取ってくれたり売れたりする場が少ないこともあってか、近隣だけでなく遠方からも様々な布が送られてきます。AppliQué なら大切に扱ってくれそうだと、親の代から使っていた手芸用品とともに布を持ってきてくれる人も。AppliQuéは、大切なものが再び活かされること願う人々の思いのループも創り出しているのです。

プロジェクト概要

運営主体 NPO法人森ノオト
カテゴリ リサイクル・アップサイクル
開始日 2017年
営業時間 お問い合わせください
住所 横浜市青葉区鴨志田町818-3
URL http://morinooto.jp/
連絡先 電話:TEL 045-532-6941 / FAX 045-985-9945